債権回収トラブルとは

債権回収では一概にスムーズに進むことばかりとは言えず、債権がなかなか回収できない苦労や不満に加えて、さらに不快な思いをすることもあります。債権回収を個人が自分だけで行おうとしたり、知識や実績もない素人が行うことでそのリスクは高くなりそうです。債権回収は裁判で進めることもありますが、最初は督促や相手との交渉などのやり取りから始めることになります。しかし、その段階で上手く行かない場合には、その後も相手とのやり取りが長引いたり、相手の誠意が見えずにトラブルとなることも多いものです。

債権回収でのトラブルとしては、最初の段階である郵便物のやり取りでその後の取引や人間関係が断ち切られてしまったり、郵便の内容によって債権を行使できない状態になることなどが考えられます。また、債権回収が進まなければ裁判などで結論を出してもらうことになる場合もありますが、裁判を経ても債権者の思うように進まないこともあります。債務者が支払う意思を全く見せないケースや債務者に財産が残っていないケースなど、法律に沿って話を進めたにもかかわらず良い結果が得られないケースです。

こうした債権回収に伴って起こりえるトラブルは、どこにどのような形で起こるかが分かりにくいため、債権回収を行う場合には常に注意が必要です。また、一度トラブルに発展してしまった場合には、適切に処理をしないと状況が悪化することもあります。当サイトでは、こうした債権回収トラブルのケースとそれに応じた解決策を紹介します。