債権回収のリスク回避

債権回収のトラブルは、初期の段階から心理的なすれ違いや取引相手との関係が悪化してしまうなどの形で起こりやすくなります。こうしたトラブルは商売であれば今後の経営などにも大きな影を落とすこととなるため、リスク回避が必要です。また、債権回収の遅れや支払の拒否を解消したいと考えてやったことがトラブルに発展してしまうとさらに関係がこじれて回収に時間がかかるかも知れません。

債権回収のトラブルのリスクを回避するためには、書面でのお知らせや交渉を相手の気持ちを悪化させずに、かつ正しい内容で行うことが大切です。支払の請求をする場合には、相手のことを信用している旨を書き添えたり、書面と行き違いで支払が済んでいる場合も想定して、行き違いをわびる言葉などを加えます。また、支払の期日や遅延損害金などの契約内容は正しく引用して、書き損じなどがないようにしなければいけません。期日や金額、パーセンテージなどに間違いがあると、相手からの指摘で話し合いや裁判が長引いたり、相手に有利な状況を作ってしまうことがあります。

また、個人で債権回収の督促や交渉を行う場合には、支払う気持ちのない債務者に注意が必要です。支払う気持ちのない債務者の中には、個人の交渉を軽視する人もいます。そのため、書面や交渉の内容を無視して、いつまでも支払に応じないこともあるのです。